このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: OPS :: ResourceApplyPowerSign

#include <training_ops.h>

AddSign更新に応じて更新「* VAR」。

概要

m_t < - ベータ* M_ {T-1} +(1 - ベータ1)* G更新< - EXP(logbase * sign_decay *記号(G)*記号(m_t))* G変数< - 変数 - lr_t *更新

引数:

  • スコープ: スコープオブジェクト
  • VAR:)(可変であるべきです。
  • mは:変数からであるべき()。
  • LR:スケーリングファクター。スカラでなければなりません。
  • logbase:スカラでなければなりません。
  • sign_decay:スカラでなければなりません。
  • ベータ:スカラでなければなりません。
  • 大学院:グラデーション。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • use_locking:もしTrue 、varとメートルテンソルの更新はロックにより保護されています。そうでない場合の振舞いは未定義であるが、あまり競合を示すことができます。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

ResourceApplyPowerSign (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input m, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input logbase, :: tensorflow::Input sign_decay, :: tensorflow::Input beta, :: tensorflow::Input grad)
ResourceApplyPowerSign (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input m, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input logbase, :: tensorflow::Input sign_decay, :: tensorflow::Input beta, :: tensorflow::Input grad, const ResourceApplyPowerSign::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation

公共の機能

operator::tensorflow::Operation () const

公共の静的な機能

UseLocking (bool x)

構造体

tensorflow :: OPS :: ResourceApplyPowerSign :: ATTRS

以下のためのオプションの属性セッターResourceApplyPowerSign

パブリック属性

操作

 Operation operation

公共の機能

ResourceApplyPowerSign

 ResourceApplyPowerSign(
  const :: tensorflow::Scope & scope,
  :: tensorflow::Input var,
  :: tensorflow::Input m,
  :: tensorflow::Input lr,
  :: tensorflow::Input logbase,
  :: tensorflow::Input sign_decay,
  :: tensorflow::Input beta,
  :: tensorflow::Input grad
)

ResourceApplyPowerSign

 ResourceApplyPowerSign(
  const :: tensorflow::Scope & scope,
  :: tensorflow::Input var,
  :: tensorflow::Input m,
  :: tensorflow::Input lr,
  :: tensorflow::Input logbase,
  :: tensorflow::Input sign_decay,
  :: tensorflow::Input beta,
  :: tensorflow::Input grad,
  const ResourceApplyPowerSign::Attrs & attrs
)

演算子:: tensorflow ::操作

 operator::tensorflow::Operation() const 

公共の静的な機能

UseLocking

 Attrs UseLocking(
  bool x
)