このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: OPS :: ResourceSparseApplyFtrl

#include <training_ops.h>

Ftrl近位のスキームに従って「* var」に関連するエントリを更新します。

概要

(accum_new ^( - - lr_power) - ACCUM ^( - lr_power))/ LR * VAR accum_new =累積値+大学院*卒業生のリニア+ =大学院生:それは私たちが次のように、我々は、VAR、ACCUMおよび線形を更新するために大学院た行のためであります|線形| - 二次= 1.0 /(accum_new ^(lr_power)* LR)+ 2 * L2 VAR =(記号(リニア)* L1リニア)/次の場合> L1、他の0.0 ACCUM = accum_new

引数:

  • スコープ: スコープオブジェクト
  • VAR:)(可変であるべきです。
  • ACCUM:変数からであるべき()。
  • リニア:)(可変であるべきです。
  • 大学院:グラデーション。
  • 指数:varと累積値の一次元へのインデックスのベクトル。
  • LR:スケーリングファクター。スカラでなければなりません。
  • L1:L1正則。スカラでなければなりません。
  • L2:L2正則。スカラでなければなりません。
  • lr_power:スケーリングファクター。スカラでなければなりません。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • use_locking:もしTrue 、varとACCUMテンソルの更新はロックにより保護されます。そうでない場合の振舞いは未定義であるが、あまり競合を示すことができます。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

ResourceSparseApplyFtrl (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input accum, :: tensorflow::Input linear, :: tensorflow::Input grad, :: tensorflow::Input indices, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input l1, :: tensorflow::Input l2, :: tensorflow::Input lr_power)
ResourceSparseApplyFtrl (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input accum, :: tensorflow::Input linear, :: tensorflow::Input grad, :: tensorflow::Input indices, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input l1, :: tensorflow::Input l2, :: tensorflow::Input lr_power, const ResourceSparseApplyFtrl::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation

公共の機能

operator::tensorflow::Operation () const

公共の静的な機能

MultiplyLinearByLr (bool x)
UseLocking (bool x)

構造体

tensorflow :: OPS :: ResourceSparseApplyFtrl :: ATTRS

以下のためのオプションの属性セッターResourceSparseApplyFtrl

パブリック属性

操作

 Operation operation

公共の機能

ResourceSparseApplyFtrl

 ResourceSparseApplyFtrl(
  const :: tensorflow::Scope & scope,
  :: tensorflow::Input var,
  :: tensorflow::Input accum,
  :: tensorflow::Input linear,
  :: tensorflow::Input grad,
  :: tensorflow::Input indices,
  :: tensorflow::Input lr,
  :: tensorflow::Input l1,
  :: tensorflow::Input l2,
  :: tensorflow::Input lr_power
)

ResourceSparseApplyFtrl

 ResourceSparseApplyFtrl(
  const :: tensorflow::Scope & scope,
  :: tensorflow::Input var,
  :: tensorflow::Input accum,
  :: tensorflow::Input linear,
  :: tensorflow::Input grad,
  :: tensorflow::Input indices,
  :: tensorflow::Input lr,
  :: tensorflow::Input l1,
  :: tensorflow::Input l2,
  :: tensorflow::Input lr_power,
  const ResourceSparseApplyFtrl::Attrs & attrs
)

演算子:: tensorflow ::操作

 operator::tensorflow::Operation() const 

公共の静的な機能

MultiplyLinearByLr

 Attrs MultiplyLinearByLr(
  bool x
)

UseLocking

 Attrs UseLocking(
  bool x
)