このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: 入力:: 初期化子

#include <ops.h>

イニシャライザは、構成可能入力このような多次元配列を表す単純なプリミティブ定数およびネストされた初期リストとしてC ++定数の各種のオブジェクト。

概要

初期化子 C ++定数の前述の種類を構築するために使用することができるので、コンストラクタは、すべてのテンプレートです初期化子を初期化子は 、それが中で構築されてしまった値格納テンソルオブジェクトを。

コンストラクタとデストラクタ

Initializer (const T & v)
算術型のスカラー値または(例えば、文字列に変換することができるタイプの構築物。
Initializer (const Tensor & t)
Initializer (const T & v, const TensorShape & shape)
スカラー値と、明示的な形状から構成します。
Initializer (const std::initializer_list< T > & v)
スカラーの初期リスト(一次元テンソル)から構築。
Initializer (const std::initializer_list< T > & v, const TensorShape & shape)
スカラと明示的な形状の初期化子リストから構築します。
Initializer (const std::initializer_list< Initializer > & v)
ネストされた初期化子リストから多次元テンソルを構築します。

パブリック属性

status
Status
tensor

公共の機能

AsTensorProto ()
TensorProto

パブリック属性

状態

Status tensorflow::Input::Initializer::status

テンソル

 Tensor tensorflow::Input::Initializer::tensor

公共の機能

AsTensorProto

TensorProto tensorflow::Input::Initializer::AsTensorProto()

初期化子

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const T & v
)

算術型のスカラー値または(例えば、文字列に変換することができるタイプの構築物。

文字列リテラル)。

初期化子

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const Tensor & t
)

初期化子

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const T & v,
  const TensorShape & shape
)

スカラー値と、明示的な形状から構成します。

初期化子

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const std::initializer_list< T > & v
)

スカラーの初期リスト(一次元テンソル)から構築。

初期化子

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const std::initializer_list< T > & v,
  const TensorShape & shape
)

スカラと明示的な形状の初期化子リストから構築します。

初期化子

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const std::initializer_list< Initializer > & v
)

ネストされた初期化子リストから多次元テンソルを構築します。

無効な初期化子はコンパイル時に禁止することはできませんので、C ++の構文は、任意のリスト初期化子型付けのネストできることに注意してください。この関数は、実行するチェックは、ネストされた初期化子リストが実際に有効な多次元のテンソルであることを確認します。