警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

Barrier.Options

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
パブリック静的クラスBarrier.Options

以下のためのオプションの属性Barrier

パブリックメソッド

Barrier.Options
容量(ロング容量)
Barrier.Options
コンテナ(文字列のコンテナ)
Barrier.Options
形状(一覧<形状>形状)
Barrier.Options
sharedName (文字列sharedName)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共Barrier.Optionsの容量(ロング容量)

パラメーター
容量バリアの容量。デフォルトの容量はMAX_INT32で、これは基礎となるキューの最大容量です。

公共Barrier.Optionsのコンテナ(文字列のコンテナ)

パラメーター
容器空でない場合、このバリアは指定されたコンテナに配置されます。それ以外の場合は、デフォルトのコンテナが使用されます。

公共Barrier.Optionsの形状(一覧<形状>形状)

パラメーター
値内の各コンポーネントの形状。各形状は、最初の次元で1でなければなりません。この属性の長さは、component_typesの長さと同じである必要があります。

公共Barrier.Options sharedName(文字列sharedName)

パラメーター
sharedName空でない場合、このバリアは複数のセッションで指定された名前で共有されます。