警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

BatchMatMulV2

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
公共finalクラスBatchMatMulV2

2つのテンソルのスライスをバッチで乗算します。

`Tensor``x`と` y`のすべてのスライスを乗算し(各スライスはバッチの要素として表示できます)、個々の結果を同じバッチサイズの単一の出力テンソルに配置します。 `adj_x`または` adj_y`フラグをデフォルトで `False`である` True`に設定することにより、乗算の前に、個々のスライスのそれぞれをオプションで結合することができます(行列を結合することは、それを転置および共役することを意味します)。

入力テンソル `x`と` y`は2次元以上で、形状は `[...、r_x、c_x]`と `[...、r_y、c_y]`です。

出力テンソルは2次元以上で、形状は `[...、r_o、c_o]`です。ここで、

r_o = c_x if adj_x else r_x c_o = r_y if adj_y else c_y

これは次のように計算されます。

output [...、:、:] = matrix(x [...、:、:])* matrix(y [...、:、:])

:バッチ次元で放送`BatchMatMulV2`サポート。ブロードキャストの詳細[こちら](http://docs.scipy.org/doc/numpy/user/basics.broadcasting.html)。

ネストされたクラス

クラスBatchMatMulV2.Options以下のためのオプションの属性BatchMatMulV2

パブリックメソッド

静的BatchMatMulV2.Options
adjX (ブールadjX)
静的BatchMatMulV2.Options
adjY (ブールadjY)
出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<T> BatchMatMulV2 <T>
作成スコープのスコープを、オペランド<T> X、オペランド<T> Y、オプション...オプション)
新しいBatchMatMulV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
形状が `[...、r_o、c_o]`の3D以上

継承されたメソッド

パブリックメソッド

パブリック静的BatchMatMulV2.Options adjX(ブールadjX)

パラメーター
adjX `True`の場合、` x`のスライスを随伴します。デフォルトは `False`です。

パブリック静的BatchMatMulV2.Options adjY(ブールadjY)

パラメーター
adjY `True`の場合、` y`のスライスを随伴します。デフォルトは `False`です。

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的BatchMatMulV2 <T>(作成スコープ範囲、オペランド<T> X、オペランド<T> Y、オプション...オプション)

新しいBatchMatMulV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
NS形状が `[...、r_x、c_x]`の2次元以上。
y形状が `[...、r_y、c_y]`の2次元以上。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • BatchMatMulV2の新しいインスタンス

公共の出力<T>出力()

形状が `[...、r_o、c_o]`の3D以上