警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BoostedTreesCenterBias

パブリックファイナルクラスBoostedTreesCenterBias

トレーニングデータ(バイアス)から事前分布を計算し、最初のノードにロジットの事前分布を入力します。センタリングを続行するかどうかを示すブール値を返します。

パブリックメソッド

出力<ブール値>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
出力<ブール値>
continueCentering ()
ブール、バイアスセンタリングを継続するかどうか。
静的BoostedTreesCenterBias
createスコープスコープ、オペランド<?> treeEnsembleHandle、オペランド<Float> meanGradients、オペランド<Float> meanHessians、オペランド<Float> l1、オペランド<Float> l2)
新しいBoostedTreesCenterBias操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Boolean> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public Output <ブール値> continueCentering ()

ブール、バイアスセンタリングを継続するかどうか。

public static BoostedTreesCenterBias create スコープスコープ、オペランド<?> treeEnsembleHandle、オペランド<Float> meanGradients、オペランド<Float> meanHessians、オペランド<Float> l1、オペランド<Float> l2)

新しいBoostedTreesCenterBias操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
treeEnsembleHandleツリーアンサンブルへのハンドル。
meanGradients最初のノードの勾配の平均を持つshape = [logits_dimension]のテンソル。
meanHessians shape = [logits_dimension]のテンソルは、最初のノードのヘシアンを意味します。
l1インスタンスごとの、葉の重みに対するl1正則化係数。
l2インスタンスごとの、葉の重みに対するl2正則化係数。
戻り値
  • BoostedTreesCenterBiasの新しいインスタンス