警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

DataServiceDataset

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
パブリック最終クラスDataServiceDataset

tf.data サービスからデータを読み取るデータセットを作成します。

ネストされたクラス

クラスDataServiceDataset.Options DataServiceDatasetのオプション属性

公開メソッド

出力<オブジェクト>
asOutput ()
テンソルのシンボリック ハンドルを返します。
static DataServiceDataset
create ( Scope scope、オペランド<Long> datasetId、オペランド<String> processingMode、オペランド<String> address、オペランド<String> protocol、オペランド<String> jobName、オペランド<Long> maxOutstandingRequests、オペランド<?> iterationCounter、List<Class <?>> outputTypes, List< Shape > outputShapes, Options... options)
新しい DataServiceDataset 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。
static DataServiceDataset.Options
crossTrainerCacheOptions (文字列 crossTrainerCacheOptions)
static DataServiceDataset.Options
dataTransferProtocol (文字列 dataTransferProtocol)
出力<?>
static DataServiceDataset.Options
targetWorkers (文字列 targetWorkers)
static DataServiceDataset.Options
taskRefreshIntervalHintMs (長い taskRefreshIntervalHintMs)

継承されたメソッド

公開メソッド

public Output <オブジェクト> asOutput ()

テンソルのシンボリック ハンドルを返します。

TensorFlow 操作への入力は、別の TensorFlow 操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリック ハンドルを取得するために使用されます。

public static DataServiceDataset create ( Scope scope, Operand <Long> datasetId, Operand <String> processingMode, Operand <String> address, Operand <String> protocol, Operand <String> jobName, Operand <Long> maxOutstandingRequests, Operand <?> iterationCounter, List<Class<?>> outputTypes, List< Shape > outputShapes, Options... options)

新しい DataServiceDataset 操作をラップするクラスを作成するファクトリ メソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • DataServiceDataset の新しいインスタンス

public static DataServiceDataset.Options crossTrainerCacheOptions (String crossTrainerCacheOptions)

public static DataServiceDataset.Options dataTransferProtocol (文字列 dataTransferProtocol)

public Output <?>ハンドル()

public static DataServiceDataset.Options targetWorkers (String targetWorkers)

public static DataServiceDataset.Options taskRefreshIntervalHintMs (Long taskRefreshIntervalHintMs)