警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

DrawBoundingBoxesV2

パブリックファイナルクラスDrawBoundingBoxesV2

画像のバッチにバウンディングボックスを描画します。

`images`のコピーを出力しますが、` boxes`の場所で指定された0個以上の境界ボックスをピクセルの上に描画します。 `boxes`の各境界ボックスの座標は` [y_min、x_min、y_max、x_max] `としてエンコードされます。バウンディングボックスの座標は、下にある画像の幅と高さを基準にして、 `[0.0、1.0]`で変動します。

たとえば、画像が100 x 200ピクセル(高さx幅)で、バウンディングボックスが `[0.1、0.2、0.5、0.9]`の場合、バウンディングボックスの左上と右下の座標は `( 40、10) `から`(100、50) `((x、y)座標で)。

バウンディングボックスの一部が画像の外に出る場合があります。

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T extends Number> DrawBoundingBoxesV2 <T>
作成スコープスコープ、オペランド<T>イメージ、オペランド<フロート>ボックス、オペランド<フロート>カラー)
新しいDrawBoundingBoxesV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
`画像`と同じ形の4-D。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static DrawBoundingBoxesV2 <T> create スコープスコープ、オペランド<T>画像、オペランド<フロート>ボックス、オペランド<フロート>カラー)

新しいDrawBoundingBoxesV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
画像形状 `[バッチ、高さ、幅、深さ]`の4-D。画像のバッチ。
ボックスバウンディングボックスを含む形状 `[batch、num_bounding_boxes、4]`の3D。
2-D。ボックスを循環するRGBAカラーのリスト。
戻り値
  • DrawBoundingBoxesV2の新しいインスタンス

public Output <T> output ()

`画像`と同じ形の4-D。画像にバウンディングボックスが描画された入力画像のバッチ。