警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

LowerBound

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
公共finalクラス下界

各行に沿ってlower_bound(sorted_search_values、values)を適用します。

(sorted_inputs、values)に同じインデックスを持つ行の各セットは、独立して扱われます。結果の行は、 `np.searchsorted(sorted_inputs、values、side = 'left')`を呼び出すのと同じです。

結果は、 `Tensor`全体のグローバルインデックスではなく、最後の次元のインデックスだけになります。

2次元の例:sorted_sequence = [[0、3、9、9、10]、[1、2、3、4、5]]値= [[2、4、9]、[0、2、6 ]]

結果= LowerBound(sorted_sequence、values)

結果== [[1、2、2]、[0、1、5]]

パブリックメソッド

出力<U>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<U番号を拡張し、T>下界<U>
作成スコープのスコープを、オペランド<T> sortedInputs、オペランド<T>値は、クラス<U> OUTTYPE)
新しいLowerBound操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的<T>下界<整数>
作成スコープ範囲、オペランド<T> sortedInputs、オペランド<T>値)
デフォルトの出力タイプを使用して、新しいLowerBound操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<U>
出力()
`values`と同じ形の` Tensor`。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<U> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的下界<U>作成スコープ範囲、オペランド<T> sortedInputs、オペランド<T>値は、クラス<U> OUTTYPE)

新しいLowerBound操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ソートされた入力各行が順序付けられている2Dテンソル。
`sorted_search_values`と同じ行数の2次元テンソル。 `sorted_search_values`で検索される値が含まれます。
戻り値
  • LowerBoundの新しいインスタンス

パブリック静的下界<整数>作成スコープ範囲、オペランド<T> sortedInputs、オペランド<T>値)

デフォルトの出力タイプを使用して、新しいLowerBound操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ソートされた入力各行が順序付けられている2Dテンソル。
`sorted_search_values`と同じ行数の2次元テンソル。 `sorted_search_values`で検索される値が含まれます。
戻り値
  • LowerBoundの新しいインスタンス

公共の出力<U>出力()

`values`と同じ形の` Tensor`。これには、順序付けされたプロパティを変更せずに値を挿入できる最後の次元への最初のスカラーインデックスが含まれています。