警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

RaggedBincount

パブリックファイナルクラスRaggedBincount

整数配列の各値の出現回数をカウントします。

長さが `size`でdtypeが` weights`と同じベクトルを出力します。 `weights`が空の場合、インデックス` i`は値 `i`が` arr`でカウントされた回数を格納します。 `weights`が空でない場合、インデックス` i`は、 `arr`の対応する値が` i`である各インデックスの `weights`の値の合計を格納します。

[0、サイズ)の範囲外の `arr`の値は無視されます。

ネストされたクラス

クラスRaggedBincount.Options RaggedBincountオプションの属性

パブリックメソッド

出力<U>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static RaggedBincount.Options
binaryOutput (ブールbinaryOutput)
static <Uは数値を拡張し、Tは数値を拡張します> RaggedBincount <U>
createスコープスコープ、オペランド<Long>分割、オペランド<T>値、オペランド<T>サイズ、オペランド<U>の重み、オプション...オプション)
新しいRaggedBincount操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<U>
出力()
長さが `size`に等しい1D`Tensor`または[batch_size、` size`]の2D`Tensor`。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <U> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static RaggedBincount.Options binaryOutput (ブール値binaryOutput)

パラメーター
binaryOutputブール;カーネルが出現または発生数をカウントする必要があるかどうか。

public static RaggedBincount <U> create スコープスコープ、オペランド<ロング>分割、オペランド<T>値、オペランド<T>サイズ、オペランド<U>の重み、オプション...オプション)

新しいRaggedBincount操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
分割1D int64`テンソル `。
2D int`Tensor`。
サイズ非負のintスカラー `Tensor`。
重みは、 `input`と同じ形状のint32、int64、float32、またはfloat64` Tensor`、または長さ0の` Tensor`であり、この場合、すべての重みが1に等しくなります。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • RaggedBincountの新しいインスタンス

public Output <U> output ()

長さが `size`に等しい1D`Tensor`または[batch_size、` size`]の2D`Tensor`。 [0、サイズ)の範囲内の各値のカウントまたは合計された重み。