警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

Recv

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
パブリック最終クラスのRecv

recv_deviceのsend_deviceから指定されたテンソルを受信します。

ネストされたクラス

クラスRecv.Options以下のためのオプションの属性Recv

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的Recv.Options
clientTerminated (ブールclientTerminated)
静的<T>のRecv <T>
作成スコープスコープ、クラス<T> tensorType、文字列tensorName、文字列sendDevice、ロングsendDeviceIncarnation、文字列recvDevice、オプション...オプション)
新しいRecv操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
テンソル()
受け取るテンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的Recv.Options clientTerminated(ブールclientTerminated)

パラメーター
clientTerminated trueに設定されている場合、これは、クライアント側のフィードまたはTensorデータのフェッチの結果としてノードがグラフに追加されたことを示します。この場合、対応する送信または受信は、呼び出し元によってローカルで管理されることが期待されます。

パブリック静的のRecv <T>を作成スコープスコープ、クラス<T> tensorType、文字列tensorName、文字列sendDevice、ロングsendDeviceIncarnation、文字列recvDevice、オプション...オプション)

新しいRecv操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
tensorName受け取るテンソルの名前。
sendDeviceテンソルを送信するデバイスの名前。
sendDeviceIncarnation send_deviceの現在の化身。
recvDeviceテンソルを受け取るデバイスの名前。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Recvの新しいインスタンス

公共の出力<T>テンソル()

受け取るテンソル。