警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RemoteFusedGraphExecute

パブリック最終クラスRemoteFusedGraphExecute

リモートプロセッサでサブグラフを実行します。

グラフの仕様(グラフ自体、入力テンソル、出力名など)は、RemoteFusedGraphExecuteInfoのシリアル化されたプロトコルバッファとしてserialized_remote_fused_graph_execute_infoとして保存されます。仕様は、専用の登録済みリモート融合グラフエグゼキュータに渡されます。エグゼキュータはグラフ仕様をリモートプロセッサに送信し、そのグラフを実行します。実行結果は、このノードの出力としてコンシューマーノードに渡されます。

パブリックメソッド

静的RemoteFusedGraphExecute
createスコープスコープ、Iterable < Operand <?>>入力、List <Class <?>> Toutputs、String serializedRemoteFusedGraphExecuteInfo)
新しいRemoteFusedGraphExecute操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
イテレータ<オペランド<オブジェクト>>
リスト<出力<?>>
出力()
任意のデータ型を持つ任意の数のテンソル

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static RemoteFusedGraphExecute create スコープスコープ、Iterable < Operand <?>>入力、List <Class <?>> Toutputs、String serializedRemoteFusedGraphExecuteInfo)

新しいRemoteFusedGraphExecute操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力任意のデータ型を持つ任意の数のテンソル
serializedRemoteFusedGraphExecuteInfoグラフ仕様を含むRemoteFusedGraphExecuteInfoのシリアル化されたプロトコルバッファ。
戻り値
  • RemoteFusedGraphExecuteの新しいインスタンス

public Iterator < Operand <Object >> iterator ()

public List <出力<?>>出力()

任意のデータ型を持つ任意の数のテンソル