警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug

パブリック最終クラスRetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug

デバッグサポートを使用して、近位のAdagrad埋め込みパラメータを取得します。

ホストメモリへの埋め込みから最適化パラメータを取得する操作。正しい埋め込みテーブル構成をセットアップするConfigureTPUEmbeddingHostopを前に付ける必要があります。たとえば、この操作は、チェックポイントを保存する前に更新されたパラメータを取得するために使用されます。

ネストされたクラス

クラスRetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug.Options RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebugオプションの属性

パブリックメソッド

出力<フロート>
アキュムレータ()
近位Adagrad最適化アルゴリズムによって更新されたパラメーターアキュムレーター。
静的RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug.Options
config (String config)
静的RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug
createスコープスコープ、Long numShards、Long shardId、 Options ...オプション)
新しいRetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<フロート>
勾配アキュムレータ()
近位のAdagrad最適化アルゴリズムによって更新されたパラメーターgradient_accumulators。
出力<フロート>
パラメータ()
近位Adagrad最適化アルゴリズムによって更新されたパラメーターパラメーター。
静的RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug.Options
tableId (長いtableId)
静的RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug.Options
tableName (String tableName)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Float>アキュムレータ()

近位Adagrad最適化アルゴリズムによって更新されたパラメーターアキュムレーター。

public static RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug create スコープスコープ、Long numShards、Long shardId、 Options ...オプション)

新しいRetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebugの新しいインスタンス

public Output <Float> gradientAccumulators ()

近位のAdagrad最適化アルゴリズムによって更新されたパラメーターgradient_accumulators。

public Output <Float>パラメーター()

近位Adagrad最適化アルゴリズムによって更新されたパラメーターパラメーター。

public static RetrieveTPUEmbeddingProximalAdagradParametersGradAccumDebug.Options tableName (String tableName)