警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ScatterNdAdd

パブリックファイナルクラスScatterNdAdd

変数内の個々の値またはスライスにスパース加算を適用します。

`ref`はランク` P`の `Tensor`であり、` indexes`はランク `Q`の` Tensor`です。

`indexes`は、` ref`へのインデックスを含む整数テンソルでなければなりません。形状は `[d_0、...、d_ {Q-2}、K]`である必要があります。ここで、 `0 <K <= P`です。

`インデックス`の最も内側の次元(長さ `K`)は、` ref`の `K`番目の次元に沿った要素(` K = P`の場合)またはスライス( `K <P`の場合)へのインデックスに対応します。

`updates`は、形状が

[d_0, ..., d_{Q-2, ref.shape[K], ..., ref.shape[P-1]]
 }
のランク` Q-1 + PK`の `Tensor`です。たとえば、ランク1のテンソルに4つの分散要素を8つの要素に追加するとします。 Pythonでは、その追加は次のようになります。
ref = tf.Variable([1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8])
 indices = tf.constant([[4], [3], [1], [7]])
 updates = tf.constant([9, 10, 11, 12])
 add = tf.scatter_nd_add(ref, indices, updates)
 with tf.Session() as sess:
   print sess.run(add)
 
結果として得られるrefの更新は次のようになります。

[1、13、3、14、14、6、7、20]

スライスを更新する方法の詳細については、 `tf.scatter_nd`を参照してください。

ネストされたクラス

クラスScatterNdAdd.Options ScatterNdAddオプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T、U extends Number> ScatterNdAdd <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>参照、オペランド<U>インデックス、オペランド<T>更新、オプション...オプション)
新しいScatterNdAdd操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
outputRef ()
参考文献と同じ。
静的ScatterNdAdd.Options
useLocking (ブール値useLocking)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static ScatterNdAdd <T> create スコープスコープ、オペランド<T>参照、オペランド<U>インデックス、オペランド<T>更新、オプション...オプション)

新しいScatterNdAdd操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ref可変テンソル。変数ノードからのものである必要があります。
インデックステンソル。次のいずれかのタイプである必要があります:int32、int64。参照へのインデックスのテンソル。
更新テンソル。 refと同じタイプである必要があります。 refに追加する更新された値のテンソル。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ScatterNdAddの新しいインスタンス

public Output <T> outputRef ()

参考文献と同じ。更新後に更新された値を使用したい操作の便宜のために返されます。

public static ScatterNdAdd.Options useLocking (ブール値useLocking)

パラメーター
useLockingオプションのbool。デフォルトはTrueです。 Trueの場合、割り当てはロックによって保護されます。それ以外の場合、動作は定義されていませんが、競合が少なくなる可能性があります。