警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

TemporaryVariable

公共finalクラスTemporaryVariable

変化する可能性があるが、単一のステップ内でのみ持続するテンソルを返します。

これは内部使用のみを目的とした実験的な操作であり、この操作を安全でない方法で使用する可能性があります。リスクを完全に理解していない限り、使用しないでください。

他のすべての使用が完了した後、「ref」が最終的に一致する「DestroyTemporaryVariable」操作に渡されるようにするのは呼び出し元の責任です。

参照をテンソル状態に出力して、読み取りまたは変更できるようにします。

例:var = state_ops._temporary_variable([1、2]、types.float_)var_name = var.op.name var = state_ops.assign(var、[[4.0、5.0]])var = state_ops.assign_add(var、[[ 6.0、7.0]])final = state_ops._destroy_temporary_variable(var、var_name = var_name)

ネストされたクラス

クラスTemporaryVariable.Options TemporaryVariableオプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> TemporaryVariable <T>
作成スコープスコープ、シェイプ形状、クラス<T> DTYPE、オプション...オプション)
新しいTemporaryVariable操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
ref ()
可変テンソルへの参照。
static TemporaryVariable.Options
varName (String varName)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static TemporaryVariable <T> create スコープスコープ、シェイプシェイプ、クラス<T> dtype、オプション...オプション)

新しいTemporaryVariable操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
形状可変テンソルの形状。
dtype変数テンソルの要素のタイプ。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • TemporaryVariableの新しいインスタンス

public Output <T> ref ()

可変テンソルへの参照。

public static TemporaryVariable.Options varName (String varName)

パラメーター
varName一時変数リソースに使用される名前をオーバーライドします。デフォルト値は、「TemporaryVariable」opの名前です(一意であることが保証されています)。