警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TensorArraySplit

パブリックファイナルクラスTensorArraySplit

入力値からのデータをTensorArray要素に分割します。

`lengths`が値を取ると仮定する

(n0, n1, ..., n(T-1))
そしてその `value`は形をしています

(n0 + n1 + ... + n(T-1) x d0 x d1 x ...)

これにより、値がTテンソルを持つTensorArrayに分割されます。

TensorArrayインデックスtは、開始位置を持つ値のサブテンサーになります

(n0 + n1 + ... + n(t-1), 0, 0, ...)
とサイズを持っている

nt x d0 x d1 x ...

パブリックメソッド

出力<フロート>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> TensorArraySplit
createスコープスコープ、オペランド<?>ハンドル、オペランド<T>値、オペランド<ロング>の長さ、オペランド<フロート>フローイン)
新しいTensorArraySplit操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<フロート>
flowOut ()
操作の適切な連鎖を強制する浮動小数点スカラー。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Float> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static TensorArraySplit create スコープスコープ、オペランド<?>ハンドル、オペランド<T>値、オペランド<Long>の長さ、オペランド<Float> flowIn)

新しいTensorArraySplit操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
扱うTensorArrayへのハンドル。
TensorArrayに書き込むための連結テンソル。
長さ長さのベクトル、値の行をTensorArrayに分割する方法。
流れ込みます操作の適切な連鎖を強制する浮動小数点スカラー。
戻り値
  • TensorArraySplitの新しいインスタンス

public Output <Float> flowOut ()

操作の適切な連鎖を強制する浮動小数点スカラー。