警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

XlaConcatND

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
公共finalクラスXlaConcatND

すべての次元にわたって入力テンソルを連結します。

マージするopは、指定されたnum_splits属性に基づいて入力テンソルをスライスし、オプションでパディングを取り除き、パディングなしでマージされたテンソルを返します。

この操作は、TPUブリッジを介して生成できます。

例えば、 `input`テンソルで:

[[0, 1],
  [4, 5]]
 [[2, 3],
  [6, 7]]
 [[8, 9],
  [12, 13]]
 [[10, 11],
  [14, 15]]
 
` num_splits`:
[2, 2]
 
と`paddings`:
[1, 1]
 
予想` outputs`は:
[[0, 1, 2],
  [4, 5, 6],
  [8, 9, 10]]
 

ネストされたクラス

クラスXlaConcatND.Options以下のためのオプションの属性XlaConcatND

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<T> XlaConcatND <T>
作成スコープスコープ、反復処理可能<オペランド<T >>入力、一覧<ロング> numConcats、オプション...オプション)
新しいXlaConcatND操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
静的XlaConcatND.Options
パディング(一覧<ロング>パディング)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的XlaConcatND <T>を作成スコープスコープ、反復処理可能<オペランド<T >>入力、一覧<ロング> numConcats、オプション...オプション)

新しいXlaConcatND操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力行の主要な順序でテンソルスライスを入力し、すべての次元でマージします。すべての入力は同じ形状である必要があります。 } out_arg {名前: "出力"説明:<
numConcatsディメンションごとにマージする方法の数。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • XlaConcatNDの新しいインスタンス

公共の出力<T>出力()

パブリック静的XlaConcatND.Optionsのパディング(一覧<ロング>パディング)

パラメーター
パディング最終的にマージされたテンソルから削除する次元ごとの右パディングのオプションのリスト。これらのパディングは、パディングを削除する前に、マージされた結果の寸法サイズを超えてはなりません。