このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.device

TensorFlow 1バージョン GitHubでソースを表示

このコンテキストで作成/実行される操作のデバイスを指定します。

ノートブックで使用

ガイドで使用チュートリアルで使用

この関数は、特定のコンテキストで作成/実行される操作に使用されるデバイスを指定します。ネストされたコンテキストは、指定されたデバイスでopsを継承し、そのopsを作成/実行します。特定のデバイスが必要ない場合は、この機能を使用しないことを検討して、デバイスを自動的に割り当てることができるようにします。一般に、この関数の使用はオプションです。 device_nameは、「/ job:worker / task:1 / device:cpu:0」のように完全に指定することも、「/」で区切られたフィールドのサブセットのみを含む部分的に指定することもできます。指定されたフィールドは、外側のスコープからのデバイスアノテーションをオーバーライドします。

例えば:

 with tf.device('/job:foo'):
  # ops created here have devices with /job:foo
  with tf.device('/job:bar/task:0/device:gpu:2'):
    # ops created here have the fully specified device above
  with tf.device('/device:gpu:1'):
    # ops created here have the device '/job:foo/device:gpu:1'
 

device_name コンテキストで使用するデバイス名。

新しく作成された操作に使用するデフォルトのデバイスを指定するコンテキストマネージャ。

RuntimeError 関数が渡された場合。