このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

モジュール:tf.keras.callbacks

TensorFlow 1つのバージョン

コールバック:モデルの訓練中に特定の時点で呼ばれるユーティリティ。

モジュール

experimentalモジュール:tf.keras.callbacks.experimental名前空間の公開API。

クラス

class BaseLogger :コールバックメトリクスのエポック平均値を蓄積します。

class CSVLogger :コールバックCSVファイルへのエポック結果をストリーミングします。

class Callback :新しいコールバックを構築するために使用される抽象基本クラス。

class CallbackList :コンテナはコールバックのリストを抽象化します。

class EarlyStopping :向上停止したメトリック、監視停止のトレーニング。

class History :コールバックにイベントを記録Historyオブジェクト。

class LambdaCallback :コールバック、オンザフライのカスタムコールバックをシンプルを作成します。

class LearningRateScheduler :学習率スケジューラ。

class ModelCheckpoint :コールバックは、いくつかの周波数でKerasモデルやモデルの重みを保存します。

class ProgbarLogger :コールバックstdoutにメトリックを出力します。

class ReduceLROnPlateau :メトリックが向上停止した学習率を減らします。

class RemoteMonitor :コールバックがサーバーにイベントをストリーミングするために使用しました。

class TensorBoard :TensorBoardのための視覚化を有効にします。

class TerminateOnNaN :コールバックNaNの損失が発生したときに訓練を終了します。