このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.math.exp

TensorFlow 1バージョン GitHubでソースを表示する

要素ごとにxの指数を計算します。 \(y = e ^ x \)。

ノートブックで使用

ガイドで使用チュートリアルで使用

この関数は、入力テンソルの指数関数を要素ごとに計算します。つまり、 math.exp(x)または\(e ^ x \)で、 xは入力テンソルです。 \(e \)はオイラー数を表し、約2.718281です。実際の入力に対して出力は正です。

x = tf.constant(2.0)
tf.math.exp(x)
<tf.Tensor: shape=(), dtype=float32, numpy=7.389056>
x = tf.constant([2.0, 8.0])
tf.math.exp(x)
<tf.Tensor: shape=(2,), dtype=float32,
numpy=array([   7.389056, 2980.958   ], dtype=float32)>

複素数の場合、指数値は\(e ^ {x + iy} = {e ^ x} {e ^ {iy}} = {e ^ x} {\\ cos(y)+ i \\ sinとして計算されます(y)} \)

1+1jの場合、値は次のように計算されます:\(e ^ 1 {\\ cos(1)+ i \\ sin(1)} = 2.7182817 \\ times(0.5403023 + 0.84147096j)\)

x = tf.constant(1 + 1j)
tf.math.exp(x)
<tf.Tensor: shape=(), dtype=complex128,
numpy=(1.4686939399158851+2.2873552871788423j)>

x tf.Tensor 。次のタイプのいずれかでなければなりません: bfloat16halffloat32float64complex64complex128
name 操作の名前(オプション)。

tf.Tensorxと同じ型です。

Numpyの互換性

np.expと同等