このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.strings.substr

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

部分文字列を返しますTensor文字列の。

ノートPCで使用されます

ガイドで使用チュートリアルで使用されます

入力内の各文字列のTensor 、インデックスから始まるSUBSTRING作成posの全長とlen

もしlen入力文字列の長さを越えて延びることになる場合、または定義ストリングlen負である場合、可能な限り多くの文字が使用されます。

pos端から文字列後方内の距離を示しています。

場合pos 、入力文字列のいずれかの範囲外のインデックスを指定し、その後、 InvalidArgumentErrorスローされます。

poslenそうでない場合は、同じ形状を有していなければならないValueErrorオペアンプの作成にスローされます。


スカラー使用poslen

 input = [b'Hello', b'World']
position = 1
length = 3

output = [b'ell', b'orl']
 

使用poslen同じ形状でinput

 input = [[b'ten', b'eleven', b'twelve'],
         [b'thirteen', b'fourteen', b'fifteen'],
         [b'sixteen', b'seventeen', b'eighteen']]
position = [[1, 2, 3],
            [1, 2, 3],
            [1, 2, 3]]
length =   [[2, 3, 4],
            [4, 3, 2],
            [5, 5, 5]]

output = [[b'en', b'eve', b'lve'],
          [b'hirt', b'urt', b'te'],
          [b'ixtee', b'vente', b'hteen']]
 

番組はposし、 len上にinput

 input = [[b'ten', b'eleven', b'twelve'],
         [b'thirteen', b'fourteen', b'fifteen'],
         [b'sixteen', b'seventeen', b'eighteen'],
         [b'nineteen', b'twenty', b'twentyone']]
position = [1, 2, 3]
length =   [1, 2, 3]

output = [[b'e', b'ev', b'lve'],
          [b'h', b'ur', b'tee'],
          [b'i', b've', b'hte'],
          [b'i', b'en', b'nty']]
 

番組input上にposlen

 input = b'thirteen'
position = [1, 5, 7]
length =   [3, 2, 1]

output = [b'hir', b'ee', b'n']
 

  • ValueError :最初の引数は、のテンソルに変換できない場合はdtype string
  • InvalidArgumentError :インデックスが範囲外の場合。
  • ValueError :場合はposlen同じ形状ではありません。

input A Tensor型のstring 。文字列のテンソル
pos A Tensor 。 :次のいずれかのタイプでなければなりませんint32int64 。各部分の最初の文字の位置を定義するスカラー
len A Tensor 。同じ型でなければなりませんpos 。スカラーは、各部分に含める文字数を定義します
unit オプションのstring :から"BYTE", "UTF8_CHAR"デフォルトは"BYTE" 。部分文字列を作成するために使用されるユニット。 :の"BYTE" (バイト位置と長さを定義するため)または"UTF8_CHAR" (UTF-8は、Unicodeコードポイントをコードするために)。デフォルトは"BYTE" 。場合、結果は不定ですunit=UTF8_CHARinput文字列が構造的に有効なUTF-8を含んでいません。
name 操作の名前(オプション)。

A Tensor型のstring