Delegate

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
パブリック インターフェイスデリゲート
既知の間接サブクラス

ネイティブ TensorFlow Lite デリゲートのラッパー。

デリゲートの実装が、明示的に解放する必要がある追加のリソースまたはメモリを保持している場合、ベスト プラクティスは、 close()メソッドを実装に追加し、デリゲート インスタンスが使用されなくなったときにクライアントが明示的に呼び出すようにすることです。このアプローチでは技術的には複数のインタープリター インスタンス間で単一のデリゲート インスタンスを共有できますが、デリゲートの実装ではこれを明示的にサポートする必要があります。

公開メソッド

空所
閉じる()
デリゲートを閉じ、関連付けられているすべてのリソースを解放します。
抽象的な長い
getNativeHandle ()
TensorFlow Lite デリゲート実装へのネイティブ ハンドルを返します。

継承されたメソッド

公開メソッド

public void close ()

デリゲートを閉じ、関連付けられているすべてのリソースを解放します。

基本のCloseableインターフェイスで宣言されたメソッドとは対照的に、このメソッドはチェック例外をスローしません。

public abstract long getNativeHandle ()

TensorFlow Lite デリゲート実装へのネイティブ ハンドルを返します。

注: Java Delegateは、ネイティブ デリゲート インスタンスの所有権を維持し、 InterpreterApiインスタンスでの使用期間中、その存在を保証する必要があります。

注: ネイティブ デリゲート インスタンスは、デリゲートがインタープリターにアタッチされるまで作成されない可能性があるため、このメソッドは、このデリゲートでインタープリターが構築されるまで呼び出されるべきではありません。

戻り値
  • ネイティブ デリゲート ハンドル。 C/C++ では、これは「TfLiteOpaqueDelegate」へのポインターである必要があります。
スロー
IllegalStateExceptionネイティブ デリゲート インスタンスが構築される前に呼び出された場合。