Delegate

パブリックインターフェイスデリゲート

ネイティブTensorFlowLiteデリゲートのラッパー。

デリゲート実装が明示的に解放する必要のある追加のリソースまたはメモリを保持している場合、ベストプラクティスは、実装にclose()メソッドを追加し、デリゲートインスタンスが使用されなくなったときにクライアントに明示的に呼び出すようにすることです。このアプローチでは、技術的には複数のインタープリターインスタンス間で単一のデリゲートインスタンスを共有できますが、デリゲートの実装ではこれを明示的にサポートする必要があります。

パブリックメソッド

アブストラクトロング
getNativeHandle ()
TensorFlowLiteデリゲート実装へのネイティブハンドルを返します。

パブリックメソッド

public abstract long getNativeHandle ()

TensorFlowLiteデリゲート実装へのネイティブハンドルを返します。

注:Java Delegateは、ネイティブデリゲートインスタンスの所有権を維持し、 InterpreterApiインスタンスで使用している間その存在を確認する必要があります。

注:ネイティブデリゲートインスタンスは、デリゲートがインタープリターにアタッチされるまで作成されない場合があるため、このデリゲートを使用してインタープリターが構築されるまで、このメソッドを呼び出さないでください。

戻り値
  • ネイティブデリゲートハンドル。 C / C ++では、これは「TfLiteOpaqueDelegate」へのポインタである必要があります。
スロー
IllegalStateExceptionネイティブデリゲートインスタンスが構築される前に呼び出された場合。