InterpreterApi.Options.TfLiteRuntime

public static final enum InterpreterApi.Options.TfLiteRuntime

TensorFlowLiteランタイム実装を取得する場所を表す列挙型。

継承されたメソッド

列挙値

public static final InterpreterApi.Options.TfLiteRuntime FROM_APPLICATION_ONLY

アプリケーションにリンクされているTFLiteランタイム実装を使用します。アプリケーションにリンクされた適切なTFLiteランタイム実装がない場合、このTfLiteRuntime設定でInterpreterApiインスタンスを作成しようとすると、IllegalStateException例外がスローされます(OSまたはシステムサービスがTF Liteランタイム実装を提供できる場合でも)。

これがデフォルト設定です。この設定は、TFLiteランタイム実装を提供しないシステムで実行する必要があるアプリにも適しています。

public static final InterpreterApi.Options.TfLiteRuntime FROM_SYSTEM_ONLY

OSまたはシステムサービスによって提供されるTFLiteランタイム実装を使用します。これは、システムライブラリ/共有オブジェクト/サービス(Google Playサービスなど)から取得されます。アプリケーションにリンクされているバージョン(存在する場合)よりも新しい場合があります。システムによって提供される適切なTFLiteランタイム実装がない場合、このTfLiteRuntime設定でInterpreterApiインスタンスを作成しようとすると、IllegalStateException例外がスローされます(アプリケーションにリンクされたTF Liteランタイム実装がある場合でも)。

この設定は、システムが提供するTF Liteランタイムを使用するコードに適しています。これにより、アプリのバイナリサイズを削減し、より頻繁に更新できます。

public static final InterpreterApi.Options.TfLiteRuntime PREFER_SYSTEM_OVER_APPLICATION

システムが提供するTFLiteランタイム実装がある場合はそれを使用します。そうでない場合は、アプリケーションにリンクされているTFLiteランタイム実装を使用します。適切なTFLiteランタイムがどの場所にも見つからない場合、このTFLiteRuntime設定を使用してInterpreterApiインスタンスを作成しようとすると、IllegalStateExceptionがスローされます。アプリケーションにリンクされた適切なTFLiteランタイムと、システムによって提供された適切なTF Liteランタイムの両方がある場合は、システムによって提供されたものが使用されます。

この設定は、TF Liteランタイムがどこから来ているかを気にしないコード(ミドルウェアレイヤーなど)での使用に適しています。