日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

モジュール

  • レイヤーの入力タイプ。

    宣言

    associatedtype Input
  • レイヤーの出力タイプ。

    宣言

    associatedtype Output : Differentiable
  • 指定された入力にレイヤーを適用して得られた出力を返します。

    宣言

    @differentiable(wrt: self)
    func callAsFunction(_ input: Input) -> Output

    パラメーター

    input

    レイヤーへの入力。

    戻り値

    出力。

  • フォワード(_ :)

    デフォルトの実装

    指定された入力にレイヤーを適用して得られた出力を返します。

    デフォルトの実装

    指定された入力にレイヤーを適用して得られた出力を返します。

    宣言

    @differentiable(wrt: self)
    func forward(_ input: Input) -> Output

    パラメーター

    input

    レイヤーへの入力。

    戻り値

    出力。

`Input`:` TensorProtocol`、 `Output`:` DifferentiableTensorProtocol`の場合に使用できます

  • callAsFunction(_ :)

    デフォルトの実装

    デフォルトの実装

    指定された入力にレイヤーを適用して得られた注釈付きの出力を返します。

    宣言

    @differentiable(wrt: self)
    public func callAsFunction(_ input: Input) -> Output

    パラメーター

    input

    レイヤーへの入力。

    戻り値

    注釈付きの出力。

  • 注釈付き(_ :)

    拡張方法

    output注釈を付けoutput

    注:注釈をサポートしないバックエンドを使用している場合は、 output返します。

    宣言

    @differentiable
    public func annotated(_ output: Output) -> Output

    パラメーター

    output

    レイヤーへの出力。

    戻り値

    注釈付きの出力。

  • 要約(入力:)

    拡張方法

    指定された入力にレイヤーを適用して取得した注釈を返します。

    宣言

    public func summary(input: Input) -> String

    パラメーター

    input

    レイヤーへの入力。

    戻り値

    XLAグラフから収集されたすべての注釈。