TensorArrayProtocol

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
public protocol TensorArrayProtocol

マッピングすることができるタイプを表すプロトコルArray<CTensorHandle>

このプロトコルは、別に定義されTensorGroup実行時に決定されるテンソル数の順に。例えば、 [Tensor<Float>] 、コンパイル時に要素の未知数を有していてもよいです。

このプロトコルは、その記憶された特性のすべてに適合構造体のために自動的に誘導することができるTensorGroupプロトコル。それは、その特性は、すべてに適合した構造体のために自動的に導出することはできませんTensorArrayProtocolによるコンストラクタの要件(すなわち、このような場合には、それを壊す方法を知ることは不可能であろうにcount格納されたプロパティの中で)。

  • 宣言

    init(_owning tensorHandles: UnsafePointer<CTensorHandle>?, count: Int)
  • init(_handles :)

    デフォルトの実装

    デフォルトの実装

    宣言

    init<C>(_handles: C) where C : RandomAccessCollection, C.Element : _AnyTensorHandle