このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tfx.orchestration.experimental.interactive.standard_visualizations.ExampleAnomaliesVisualization.ARTIFACT_TYPE

GitHubの上のソースを表示

TFXのアーティファクトは、オーケストレーションのために使用しました。

:から継承Artifact

これは、型チェック、およびコンポーネント間通信のために使用されます。現在のところ、それは内部状態のための追加のプロパティアクセサを持つ(ml_metadata.proto.Artifact、ml_metadata.proto.ArtifactType)のタプルをラップします。

ユーザは、アーティファクトのサブクラスを作成し、このアーティファクトサブクラスの型とTYPE_NAMEプロパティをオーバーライドすることができます。サブクラスのユーザーは、とき建設オブジェクト「タイプ名」フィールドを省略することができます。

ユーザは、以下に詳述するように、PROPERTIES辞書をオーバーライドすることによりアーティファクトサブクラスのアーティファクトタイプ固有のプロパティを指定することができます。

mlmd_artifact_type 根底にあるArtifactType属性を定義するプロトメッセージ。オプションの内部で使用するためのもの。

artifact_type

id 根底にあるアーティファクトのID。
mlmd_artifact

name 根底にあるアーティファクトの名前。
pipeline_name アーティファクトを生成パイプラインの名前。
producer_component アーティファクトのProducerコンポーネント。
state 根底にあるアーティファクトの状態。
type

type_id 基本となる案件タイプのID。
type_name

uri アーティファクトURI。

メソッド

from_json_dict

ソースを表示

オブジェクトに辞書データから変換します。

get_int_custom_property

ソースを表示

int型のカスタムプロパティを取得します。

get_string_custom_property

ソースを表示

文字列型のカスタムプロパティを取得します。

set_int_custom_property

ソースを表示

int型のカスタムプロパティを設定します。

set_mlmd_artifact

ソースを表示

このアーティファクトのMLMDアーティファクトオブジェクトを交換してください。

set_mlmd_artifact_type

ソースを表示

このオブジェクトで全体ArtifactType属性を設定します。

set_string_custom_property

ソースを表示

文字列型のカスタムプロパティを設定します。

to_json_dict

ソースを表示

オブジェクトからJSONシリアライズ可能な辞書に変換します。

クラス変数

  • PROPERTIES
  • TYPE_NAME = 'ExampleAnomalies'