このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: QuantizedInstanceNorm

#include <array_ops.h>

量子化されたインスタンスの正規化。

概要

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • x:4D入力テンソル
  • x_min:最小の量子化入力によって表される値。
  • x_max:最高の量子化入力によって表される値。

オプションの属性( Attrs参照):

  • output_range_given:Trueの場合、 given_y_mingiven_y_mingiven_y_maxが出力範囲として使用されます。それ以外の場合、実装は出力範囲を計算します。
  • given_y_min: output_range_givenがTrueの場合、 y_min 出力します。
  • given_y_max: output_range_givenがTrueの場合、 y_max 出力します。
  • variance_epsilon:0による除算を回避するための小さな浮動小数点数。
  • min_separation: y_max - y_min 最小

戻り値:

  • Output y:4D テンソル
  • Output y_min:最小の量子化出力で表される値。
  • Output y_max:最高の量子化出力で表される値。

コンストラクタとデストラクタ

QuantizedInstanceNorm (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x, :: tensorflow::Input x_min, :: tensorflow::Input x_max)
QuantizedInstanceNorm (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x, :: tensorflow::Input x_min, :: tensorflow::Input x_max, const QuantizedInstanceNorm::Attrs & attrs)

公開属性

operation
y
y_max
y_min

パブリック静的関数

GivenYMax (float x)
GivenYMin (float x)
MinSeparation (float x)
OutputRangeGiven (bool x)
VarianceEpsilon (float x)

構造

tensorflow :: ops :: QuantizedInstanceNorm :: Attrs

QuantizedInstanceNormのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

y

::tensorflow::Output y

y_max

::tensorflow::Output y_max

y_min

::tensorflow::Output y_min

公開機能

QuantizedInstanceNorm

 QuantizedInstanceNorm(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x,
  ::tensorflow::Input x_min,
  ::tensorflow::Input x_max
)

QuantizedInstanceNorm

 QuantizedInstanceNorm(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x,
  ::tensorflow::Input x_min,
  ::tensorflow::Input x_max,
  const QuantizedInstanceNorm::Attrs & attrs
)

パブリック静的関数

GiveYMax

Attrs GivenYMax(
  float x
)

GiveYMin

Attrs GivenYMin(
  float x
)

MinSeparation

Attrs MinSeparation(
  float x
)

OutputRangeGiven

Attrs OutputRangeGiven(
  bool x
)

分散イプシロン

Attrs VarianceEpsilon(
  float x
)