このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: 戻す

#include <io_ops.h>

チェックポイントファイルからテンソルを復元します。

概要

1つまたは複数のファイルに保存されているテンソルを読み取ります。複数のファイルがある場合(テンソルがスライスとして保存されたためなど)、 file_patternは、ファイル名部分にのみワイルドカード記号( *および? )が含まれ、ディレクトリ部分には含まれない場合があり?

場合file_pattern試合いくつかのファイル、 preferred_shard要求されたテンソルが発見される可能性があるどのファイルにヒントに使用することができます。この操作では、最初に、一致するファイルのリストのインデックスpreferred_shardにあるファイルを開き、そのファイルからテンソルを復元しようとします。一部のテンソルまたはテンソルスライスがその最初のファイルで見つからない場合のみ、Opはすべてのファイルを開きます。一致するSave shard入力として渡される値と一致するようにpreferred_shardを設定すると、 復元が高速化される場合がありSave 。この属性はパフォーマンスにのみ影響し、正確さには影響しません。デフォルト値-1は、ファイルが順番に処理されることを意味します。

RestoreSliceも参照してください。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • file_pattern:単一の要素が必要です。テンソルを読み取るファイルのパターン。
  • tensor_name:単一の要素が必要です。復元するテンソルの名前。
  • dt:復元するテンソルのタイプ。

オプションの属性( Attrs参照):

  • preferred_shard:複数のファイルがfile_pattern一致する場合に最初に開くファイルのインデックス。

戻り値:

  • Output :復元されたテンソル。

コンストラクタとデストラクタ

Restore (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input file_pattern, :: tensorflow::Input tensor_name, DataType dt)
Restore (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input file_pattern, :: tensorflow::Input tensor_name, DataType dt, const Restore::Attrs & attrs)

公開属性

operation
tensor

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

PreferredShard (int64 x)

構造

tensorflow :: ops :: Restore :: Attrs

Restoreのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

テンソル

::tensorflow::Output tensor

公開機能

戻す

 Restore(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input file_pattern,
  ::tensorflow::Input tensor_name,
  DataType dt
)

戻す

 Restore(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input file_pattern,
  ::tensorflow::Input tensor_name,
  DataType dt,
  const Restore::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

PreferredShard

Attrs PreferredShard(
  int64 x
)