このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: SparseAccumulatorTakeGradient

#include <data_flow_ops.h>

SparseConditionalAccumulatorで平均スパース勾配を抽出します。

概要

opは、十分な(つまり、num_requiredを超える)勾配が累積されるまでブロックします。アキュムレータがすでにnum_required勾配を超えて集約している場合は、累積された勾配の平均を返します。また、アキュムレータに記録されたglobal_stepを1だけ自動的にインクリメントし、集計を0にリセットします。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • handle: SparseConditionalAccumulatorへのハンドル。
  • num_required:集計を返す前に必要な勾配の数。
  • dtype:累積された勾配のデータ型。アキュムレータのタイプに対応する必要があります。

戻り値:

  • Outputインデックス:累積された疎勾配の平均のインデックス。
  • Output値:累積された疎勾配の平均値。
  • Output形状:蓄積された疎勾配の平均の形状。

コンストラクタとデストラクタ

SparseAccumulatorTakeGradient (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input handle, :: tensorflow::Input num_required, DataType dtype)

公開属性

indices
operation
shape
values

公開属性

指数

::tensorflow::Output indices

操作

Operation operation

形状

::tensorflow::Output shape

::tensorflow::Output values

公開機能

SparseAccumulatorTakeGradient

 SparseAccumulatorTakeGradient(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input handle,
  ::tensorflow::Input num_required,
  DataType dtype
)