このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: SparseReorder

#include <sparse_ops.h>

SparseTensorを正規の行優先の順序に並べ替えます。

概要

慣例により、すべてのスパース演算は次元数の増加に沿って標準的な順序を維持することに注意してください。順序を破ることができる唯一の時間は、エントリを追加するためのインデックスと値ベクトルの手動操作中です。

並べ替えは、SparseTensorの形状には影響しません。

テンソルのランクがRで空でないN値の場合、 input_indices形状は[N, R] 、input_valuesの長さはNで、input_shapeの長さはRです。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • input_indices:2-D。 SparseTensorの空ではない値のインデックスを持つN x R行列。正規の順序ではない可能性があります。
  • input_values:1-D。 input_indices対応するNの空でない値。
  • input_shape:1-D。入力SparseTensorの形状。

返品:

  • Output output_indices:2-D。 input_indicesと同じインデックスを持つN x R行列ですが、正規の行優先順です。
  • Output output_values:1-D。 output_indices対応するNの空でない値。

コンストラクタとデストラクタ

SparseReorder (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input_indices, :: tensorflow::Input input_values, :: tensorflow::Input input_shape)

公開属性

operation
output_indices
output_values

公開属性

操作

Operation operation

output_indices

::tensorflow::Output output_indices

output_values

::tensorflow::Output output_values

公開機能

SparseReorder

 SparseReorder(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input_indices,
  ::tensorflow::Input input_values,
  ::tensorflow::Input input_shape
)