このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: TemporaryVariable

#include <state_ops.h>

変化する可能性があるテンソルを返しますが、単一ステップ内にのみ持続します。

概要

これは内部使用のみの実験的な操作であり、この操作を安全でない方法で使用することが可能です。リスクを完全に理解しない限り使用しないでください。

他のすべての使用が完了した後、最終的に「ref」が対応する「 DestroyTemporaryVariable 」オペレーションに確実に渡されるようにするのは、呼び出し元の責任です。

テンソル状態への参照を出力して、読み取りまたは変更できるようにします。

例var = state_ops._temporary_variable([1、2]、types.float_)var_name = var.op.name var = state_ops.assign(var、[[4.0、5.0]])var = state_ops.assign_add(var、[[ 6.0、7.0]])final = state_ops._destroy_temporary_variable(var、var_name = var_name)

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • shape:変数テンソルの形状。
  • dtype:変数テンソルの要素のタイプ。

オプションの属性( Attrs参照):

  • var_name:一時変数リソースに使用される名前を上書きします。デフォルト値は ' TemporaryVariable ' op(一意であることが保証されている)の名前です。

戻り値:

  • Output :変数テンソルへの参照。

コンストラクタとデストラクタ

TemporaryVariable (const :: tensorflow::Scope & scope, PartialTensorShape shape, DataType dtype)
TemporaryVariable (const :: tensorflow::Scope & scope, PartialTensorShape shape, DataType dtype, const TemporaryVariable::Attrs & attrs)

公開属性

operation
ref

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

VarName (StringPiece x)

構造

tensorflow :: ops :: TemporaryVariable :: Attrs

TemporaryVariableのオプションの属性セッター。

公開属性

操作

Operation operation

ref

::tensorflow::Output ref

公開機能

TemporaryVariable

 TemporaryVariable(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  PartialTensorShape shape,
  DataType dtype
)

TemporaryVariable

 TemporaryVariable(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  PartialTensorShape shape,
  DataType dtype,
  const TemporaryVariable::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

VarName

Attrs VarName(
  StringPiece x
)