Google I / Oは終わりです! TensorFlowセッションに追いつくセッションを表示

tensorflow :: ops :: AsString :: Attrs

#include <string_ops.h>

AsStringのオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

fill_ = ""
StringPiece
precision_ = -1
int64
scientific_ = false
bool
shortest_ = false
bool
width_ = -1
int64

公の行事

Fill (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
幅> -1の場合にパディングする値。
Precision (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
浮動小数点数に使用する小数点以下の精度。
Scientific (bool x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
浮動小数点数には科学的記数法を使用してください。
Shortest (bool x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
浮動小数点数には最短の表現(科学的または標準的)を使用します。
Width (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
パッドこの幅に前進数。

パブリック属性

fill_

StringPiece tensorflow::ops::AsString::Attrs::fill_ = ""

精度_

int64 tensorflow::ops::AsString::Attrs::precision_ = -1

Scientific_

bool tensorflow::ops::AsString::Attrs::scientific_ = false

最短_

bool tensorflow::ops::AsString::Attrs::shortest_ = false

幅_

int64 tensorflow::ops::AsString::Attrs::width_ = -1

公の行事

塗りつぶし

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::AsString::Attrs::Fill(
  StringPiece x
)

幅> -1の場合にパディングする値。

空の場合は、スペースを埋めます。もう1つの典型的な値は「0」です。文字列は1文字より長くすることはできません。

デフォルトは「」

精度

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::AsString::Attrs::Precision(
  int64 x
)

浮動小数点数に使用する小数点以下の精度。

精度> -1の場合にのみ使用されます。

デフォルトは-1

科学的

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::AsString::Attrs::Scientific(
  bool x
)

浮動小数点数には科学的記数法を使用してください。

デフォルトはfalse

最短

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::AsString::Attrs::Shortest(
  bool x
)

浮動小数点数には最短の表現(科学的または標準的)を使用します。

デフォルトはfalse

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::AsString::Attrs::Width(
  int64 x
)

パッドこの幅に前進数。

浮動小数点数と整数の両方に適用されます。幅> -1の場合にのみ使用されます。

デフォルトは-1