Google I / Oは終わりです! TensorFlowセッションに追いつくセッションを表示

tensorflow :: ops :: TFRecordReader :: Attrs

#include <io_ops.h>

TFRecordReaderのオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

compression_type_ = ""
StringPiece
container_ = ""
StringPiece
shared_name_ = ""
StringPiece

公の行事

CompressionType (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
デフォルトは「」です。
Container (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
空でない場合、このリーダーは指定されたコンテナーに配置されます。
SharedName (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
空でない場合、このリーダーは、指定されたバケットでこのshared_nameを使用して名前が付けられます。

パブリック属性

Compression_type_

StringPiece tensorflow::ops::TFRecordReader::Attrs::compression_type_ = ""

コンテナ_

StringPiece tensorflow::ops::TFRecordReader::Attrs::container_ = ""

shared_name_

StringPiece tensorflow::ops::TFRecordReader::Attrs::shared_name_ = ""

公の行事

CompressionType

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::TFRecordReader::Attrs::CompressionType(
  StringPiece x
)

デフォルトは「」です。

コンテナ

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::TFRecordReader::Attrs::Container(
  StringPiece x
)

空でない場合、このリーダーは指定されたコンテナーに配置されます。

それ以外の場合は、デフォルトのコンテナが使用されます。

デフォルトは「」

SharedName

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::TFRecordReader::Attrs::SharedName(
  StringPiece x
)

空でない場合、このリーダーは、指定されたバケットでこのshared_nameを使用して名前が付けられます。

それ以外の場合は、代わりにノード名が使用されます。

デフォルトは「」