ヘルプKaggleにTensorFlowグレートバリアリーフを保護チャレンジに参加

TensorFlow Cloud は、ローカル環境を Google Cloud に接続するためのライブラリです。

import tensorflow_cloud as tfc

TF_GPU_IMAGE= "tensorflow/tensorflow:latest-gpu"

run_parameters = [
  distribution_strategy='auto',
  requirements_txt='requirements.txt',
  docker_config=tfc.DockerConfig(
    parent_image=TF_GPU_IMAGE,
    image_build_bucket=GCS_BUCKET
  ),
  chief_config=tfc.COMMON_MACHINE_CONFIGS['K80_1X'],
  worker_config=tfc.COMMON_MACHINE_CONFIGS['K80_1X'],
  worker_count=3,
  job_labels={'job': "my_job"}
]

run(**run_parameters) # Runs your training on Google Cloud!
ノートブックで実行する
TensorFlow Cloud のリポジトリで提供される API により、ローカルでのモデル構築やデバッグから、Google Cloud 上での分散型トレーニングやハイパーパラメータ調整に簡単に切り替えることができます。Colab または Kaggle ノートブックやローカルのスクリプト ファイルの中からモデルを送信し、Cloud Console を使わずに直接クラウド上で調整やトレーニングを行うことができます。