このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: OPS :: AsString

#include <string_ops.h>

文字列に与えられたテンソルの各エントリに変換します。

概要

サポート多くの数値型やブール値を。

ユニコードの場合は、[参照https://www.tensorflow.org/tutorials/representation/unicode ](Unicodeテキストでの作業)のチュートリアルを。

例:

tf.strings.as_string([3、2]) ([3.1415926、2.71828]、精度= 2).numpy()アレイ([b'3.14' 、b'2.72' ]、DTYPE =オブジェクト)tf.strings.as_string

引数:

オプションの属性(参照Attrs ):

  • 精度:浮動小数点数に使用するポスト小数精度。 >精密場合にのみ使用-1。
  • 科学:浮動小数点数のための科学的表記法を使用してください。
  • 最短:浮動小数点数のための(科学的または標準のいずれか)を使用する最短表現。
  • 幅: パッドは、この幅に数字-小数前。浮動小数点および整数の両方に適用されます。幅のみ> -1場合に使用されます。
  • 記入:値をパッドに幅があれば> -1。空の場合は、スペースでパディング。別の典型的な値は「0」です。文字列は1文字より長くすることはできません。

戻り値:

  • Output :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

AsString (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input)
AsString (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const AsString::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公共の機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公共の静的な機能

Fill (StringPiece x)
Precision (int64 x)
Scientific (bool x)
Shortest (bool x)
Width (int64 x)

構造体

tensorflow :: OPS :: AsString :: ATTRS

以下のためのオプションの属性セッターAsString

パブリック属性

操作

 Operation operation

出力

:: tensorflow::Output output

公共の機能

AsString

 AsString(
  const :: tensorflow::Scope & scope,
  :: tensorflow::Input input
)

AsString

 AsString(
  const :: tensorflow::Scope & scope,
  :: tensorflow::Input input,
  const AsString::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

演算子:: tensorflow ::入力

 operator::tensorflow::Input() const 

演算子:: tensorflow ::出力

 operator::tensorflow::Output() const 

公共の静的な機能

フィル

 Attrs Fill(
  StringPiece x
)

精度

 Attrs Precision(
  int64 x
)

科学的

 Attrs Scientific(
  bool x
)

最短

 Attrs Shortest(
  bool x
)

 Attrs Width(
  int64 x
)