このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

コアTensorflow API

概要

typedef

OutputList typedef
std::vector< Output >
複数の出力、又はテンソルのリストを生成OPSの出力を表現するための型。

関数

CreateOutputWithScope (string op_name, absl::Span< const :: tensorflow::Input > inputs, const Scope & scope, Output *output)
Status

クラス

tensorflow :: ClientSessionの

ClientSessionオブジェクトは、呼び出し側がC ++ APIで構築TensorFlowグラフの評価をドライブすることができます。

tensorflow ::入力

オペランドとして使用することができるテンソル値表す動作

tensorflow :: InputList

テンソルのリストを必要とOPSへの入力を表現するための型。

tensorflow ::操作

計算グラフ内のノードを表します。

tensorflow ::出力

生成されるテンソル値表す動作

tensorflow ::範囲

Scopeオブジェクトは、共通名プレフィックスと同じ特性を有する関連TensorFlowオプスの集合を表します。

tensorflow :: TensorBuffer

typedef

OutputList

std::vector< Output > OutputList

複数の出力、又はテンソルのリストを生成OPSの出力を表現するための型。

関数

CreateOutputWithScope

Status CreateOutputWithScope(
  string op_name,
  absl::Span< const :: tensorflow::Input > inputs,
  const Scope & scope,
  Output *output
)