Tensor

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
公開インターフェースTensor

Tensorflow Lite で使用される型指定された多次元配列。

Tensorのネイティブ ハンドルはNativeInterpreterWrapperによって管理され、クライアントによって閉じられる必要はありません。ただし、 NativeInterpreterWrapperが閉じられると、テンソル ハンドルは無効になります。

ネストされたクラス

クラスTensor.QuantizationParams TFLite モデル スキーマ ファイルのテーブルQuantizationParametersに対応する量子化パラメーター。

公開メソッド

抽象バイトバッファ
asReadOnlyBuffer ()
テンソル データの読み取り専用のByteBufferビューを返します。
抽象データ型
データ型()
Tensor に格納されている要素のDataTypeを返します。
抽象整数
バイト数()
テンソル データのサイズをバイト単位で返します。
抽象整数
numDimensions ()
Tensor の次元数 ( rankと呼ばれることもあります) を返します。
抽象整数
要素数()
テンソルの平坦化された (1-D) ビューの要素数を返します。
抽象Tensor.QuantizationParams
quantizationParams ()
所有するインタープリター内のテンソルの量子化パラメーターを返します。
抽象整数[]
形状()
Tensor の形状、つまり各次元のサイズを返します。
抽象整数[]
形状署名()
Tensor の元の形状、つまり、サイズ変更が実行される前の各次元のサイズを返します。

公開メソッド

public abstract ByteBuffer asReadOnlyBuffer ()

テンソル データの読み取り専用のByteBufferビューを返します。

一般に、このメソッドは、出力テンソル データの読み取り専用ビューを取得するのに最も役立ちます。推論が実行された *後 (たとえば、 InterpreterApi.run(Object, Object)を介して)。特に、一部のグラフには動的に整形された出力があり、定義済みの出力バッファーをインタープリターに渡すのが面倒になる場合があります。使用例:

 interpreter.run(input, null);
 ByteBuffer outputBuffer = interpreter.getOutputTensor(0).asReadOnlyBuffer();
 // Copy or read from outputBuffer.

警告: テンソルがまだ割り当てられていない場合 (たとえば、推論が実行される前)、結果は未定義です。テンソルが何らかの方法で無効化された場合 (たとえば、推論が実行された場合、またはグラフのサイズが変更された場合) に基になるテンソル ポインターも変更される可能性があることに注意してください。推論の直後。 *悪い* 使用例:

 ByteBuffer outputBuffer = interpreter.getOutputTensor(0).asReadOnlyBuffer();
 interpreter.run(input, null);
 // Copy or read from outputBuffer (which may now be invalid).

スロー
IllegalArgumentExceptionテンソル データが割り当てられていない場合。

public abstract DataType dataType ()

Tensor に格納されている要素のDataTypeを返します。

public abstract int numBytes ()

テンソル データのサイズをバイト単位で返します。

public abstract int numDimensions ()

Tensor の次元数 ( rankと呼ばれることもあります) を返します。

スカラーの場合は 0、ベクトルの場合は 1、行列の場合は 2、3 次元テンソルの場合は 3 などになります。

public 抽象 int numElements ()

テンソルの平坦化された (1-D) ビューの要素数を返します。

公開抽象Tensor.QuantizationParams quantizationParams ()

所有するインタープリター内のテンソルの量子化パラメーターを返します。

量子化されたテンソルのみが有効なQuantizationParametersを持ちます。量子化されていないテンソルの場合、scale と zero_point の値は両方とも 0 です。

public abstract int[] shape ()

Tensor の形状、つまり各次元のサイズを返します。

戻り値
  • i 番目の要素がテンソルの i 番目の次元のサイズである配列。

public abstract int[] shapeSignature ()

Tensor の元の形状、つまり、サイズ変更が実行される前の各次元のサイズを返します。不明な次元は -1 の値で指定されます。

戻り値
  • i 番目の要素がテンソルの i 番目の次元のサイズである配列。