警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

Graph

パブリックファイナルクラスグラフ

TensorFlowの計算を表すデータフローグラフ。

グラフのインスタンスはスレッドセーフです。

警告: Graphオブジェクトによって消費されるリソースは、 close()メソッドを呼び出すことによって明示的に解放する必要があります。そうすると、Graphオブジェクトは不要になります。

ネストされたクラス

インターフェースGraph.WhileSubgraphBuilder buildSubgraphメソッドをオーバーライドしてwhileループの条件付きサブグラフまたは本体サブグラフを作成する抽象クラスをインスタンス化するために使用されます。

パブリックコンストラクター

グラフ()
空のグラフを作成します。

パブリックメソッド

出力[] <?>
addGradients (文字列プレフィックス、 Output [] <?> y、 Output [] <?> x、 Output [] <?> dx)
y s wrt x sの合計の偏導関数を計算する演算を追加します。つまり、 d(y_1 + y_2 + ...)/dx_1, d(y_1 + y_2 + ...)/dx_2...

dxは、初期勾配として使用されます(これは、いくつかの損失関数Lのシンボリック偏導関数を表します。

出力[] <?>
addGradients出力<?> y、出力[] <?> x)
y s wrt x sの合計の偏導関数を計算する演算を追加します。つまり、 dy/dx_1, dy/dx_2...

これは、{@ link #addGradients(String、Output []、Output []、Output [])の簡略版です。ここで、{@ code y}は単一の出力、{@ code dx}はnull、{@ code prefix}無効である。

空所
閉じる()
グラフに関連付けられているリソースを解放します。
空所
importGraphDef (byte []graphDef、文字列プレフィックス)
TensorFlowグラフのシリアル化された表現をインポートします。
空所
importGraphDef (byte []graphDef)
TensorFlowグラフのシリアル化された表現をインポートします。
GraphOperationBuilder
opBuilder (文字列型、文字列名)
グラフにOperationを追加するビルダーを返します。
GraphOperation
操作(文字列名)
指定された名前の操作(グラフのノード)を返します。
イテレータ<操作>
操作()
グラフ内のすべてのOperationに対するイテレータ。
バイト[]
toGraphDef ()
グラフのシリアル化された表現を生成します。
出力[] <?>
whileLoopOutput [] <?>入力、 Graph.WhileSubgraphBuilder cgBuilder、 Graph.WhileSubgraphBuilder bgBuilder、文字列名)
whileループを構築します。

継承されたメソッド

パブリックコンストラクター

パブリックグラフ()

空のグラフを作成します。

パブリックメソッド

public Output [] <?> addGradients (String prefix、 Output [] <?> y、 Output [] <?> x、 Output [] <?> dx)

y s wrt x sの合計の偏導関数を計算する演算を追加します。つまり、 d(y_1 + y_2 + ...)/dx_1, d(y_1 + y_2 + ...)/dx_2...

dxは、初期勾配として使用されます(これは、いくつかの損失関数L wrt yのシンボリック偏導関数を表します)。 dxはnullであるか、サイズがyである必要があります。

dxがnullの場合、実装はyのすべての形状にOnesLikeのdxを使用します。

prefixは、勾配を計算するためにグラフに追加されたすべてのノードに適用される名前接頭辞として使用されます。提供されたグラフ内で一意である必要があります。そうでない場合、操作は失敗します。

prefixがnullの場合、1つが自動的に選択されます。

パラメーター
プレフィックス勾配を計算するためにグラフに追加されるノードの名前の前に適用される一意の文字列プレフィックス。 nullの場合、デフォルトのものが選択されます。
y導出する関数の出力
バツ偏導関数が計算される関数の入力
dx nullでない場合、いくつかの損失関数の偏導関数L wrt y
戻り値
  • 偏導関数はxのサイズでdy

public Output [] <?> addGradients Output <?> y、 Output [] <?> x)

y s wrt x sの合計の偏導関数を計算する演算を追加します。つまり、 dy/dx_1, dy/dx_2...

これは、{@ link #addGradients(String、Output []、Output []、Output [])の簡略版です。ここで、{@ code y}は単一の出力、{@ code dx}はnull、{@ code prefix}無効である。

パラメーター
y導出する関数の出力
バツ偏導関数が計算される関数の入力
戻り値
  • 偏導関数はxのサイズでdy

public void close ()

グラフに関連付けられているリソースを解放します。

このグラフを参照するアクティブなSessionインスタンスがなくなるまでブロックします。クローズリターン後のグラフは使用できません。

public void importGraphDef (byte []graphDef、文字列プレフィックス)

TensorFlowグラフのシリアル化された表現をインポートします。

パラメーター
graphDef TensorFlowグラフのシリアル化された表現。
プレフィックスgraphDefの名前の前に付加されるプレフィックス
スロー
IllegalArgumentException graphDefがグラフの認識されたシリアル化ではない場合。

public void importGraphDef (byte []graphDef)

TensorFlowグラフのシリアル化された表現をインポートします。

グラフのシリアル化された表現は、多くの場合GraphDefと呼ばれ、 toGraphDef toGraphDef()および他の言語APIの同等のものによって生成できます。

パラメーター
graphDef
スロー
IllegalArgumentException graphDefがグラフの認識されたシリアル化ではない場合。

public GraphOperationBuilder opBuilder (文字列型、文字列名)

グラフにOperationを追加するビルダーを返します。

パラメーター
タイプ操作の(つまり、実行する計算を識別する)
名前グラフで作成された操作を参照します。
戻り値

public GraphOperation操作(文字列名)

指定された名前の操作(グラフのノード)を返します。

または、そのような操作がグラフに存在しない場合はnull

パラメーター
名前

public Iterator <操作>操作()

グラフ内のすべてのOperationに対するイテレータ。

反復の順序は指定されていません。イテレーターのコンシューマーは、反復中に基になるグラフが変更されても通知を受け取りません。

public byte [] toGraphDef ()

グラフのシリアル化された表現を生成します。

public Output [] <?> whileLoop Output [] <?> input、 Graph.WhileSubgraphBuilder cgBuilder、 Graph.WhileSubgraphBuilder bgBuilder、String name)

whileループを構築します。

パラメーター
入力ループ入力
cgBuilder条件付きサブグラフを作成するWhileSubgraphBuilder
bgBuilderボディサブグラフを作成するWhileSubgraphBuilder
名前ループの名前
戻り値
  • inputsと同じ長さのループ出力のリスト