警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

形状

パブリックファイナルクラスシェイプ

操作によって生成されたテンソルのおそらく部分的に既知の形状。

パブリックメソッド

ブール値
等しい(Object obj)
int
hashCode ()
静的形状
make (long firstDimensionSize、long ... otherDimensionSizes)
N次元の値を表すシェイプを作成します。
int
numDimensions ()
この形状で表される次元の数。
静的形状
スカラー()
スカラー値を表すシェイプを作成します。
長いです
サイズ(int i)
i番目の次元のサイズ。
ストリング
toString ()
デバッグ用の形状の簡潔な説明。
静的形状
不明()
未知数の次元を表すシェイプを作成します。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public boolean equals (Object obj)

public int hashCode ()

public static Shape make (long firstDimensionSize、long ... otherDimensionSizes)

N次元の値を表すシェイプを作成します。

N次元の値(Nは少なくとも1)を表す形状を作成し、各次元に指定されたサイズを使用します。 -1は、対応する次元のサイズが不明であることを示します。例:

// A 2-element vector.
 Shape vector = Shape.create(2);

 // A 2x3 matrix.
 Shape matrix = Shape.create(2, 3);

 // A matrix with 4 columns but an unknown number of rows.
 // This is typically used to indicate the shape of tensors that represent
 // a variable-sized batch of values. The Shape below might represent a
 // variable-sized batch of 4-element vectors.
 Shape batch = Shape.create(-1, 4);
 

public int numDimensions ()

この形状で表される次元の数。

戻り値
  • 次元の数が不明な場合は-1、形状がスカラーを表す場合は0、ベクトルの場合は1、行列の場合は2など。

public static Shapeスカラー()

スカラー値を表すシェイプを作成します。

公共ロングサイズ(int型I)

i番目の次元のサイズ。

戻り値
  • 要求されたディメンションのサイズ。不明な場合は-1。

public String toString ()

デバッグ用の形状の簡潔な説明。

パブリック静的形状不明()

未知数の次元を表すシェイプを作成します。