警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

DebugIdentityV2

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
公共finalクラスDebugIdentityV2

Identity V2Opをデバッグします。

DebugEventsWriterを呼び出して入力テンソルのコンテンツを書き込みながら、入力から出力へのIDマッピングを提供します。

入力テンソルのセマンティクスは、tensor_debug_modeによって異なります。通常の使用法では、入力テンソルは、graph_debug_modeがFULL_TENSORの場合にのみ、ユーザー計算から直接取得されます(graph_debug_modeのすべての可能な値のリストについては、protobuf / debug_event.protoを参照してください)。他のデバッグモードの場合、入力テンソルは、1つ以上のテンソルに関する要約情報を計算する追加の演算またはサブグラフによって生成される必要があります。

ネストされたクラス

クラスDebugIdentityV2.Options以下のためのオプションの属性DebugIdentityV2

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的DebugIdentityV2.Options
circularBufferSize (ロングcircularBufferSize)
静的<T> DebugIdentityV2 <T>
作成スコープスコープ、オペランド<T>の入力、オプション...オプション)
新しいDebugIdentityV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的DebugIdentityV2.Options
debugUrls (一覧<文字列> debugUrls)
静的DebugIdentityV2.Options
OPNAME (文字列OPNAME)
出力<T>
出力()
静的DebugIdentityV2.Options
outputSlot (ロングoutputSlot)
静的DebugIdentityV2.Options
tensorDebugMode (ロングtensorDebugMode)
静的DebugIdentityV2.Options
tfdbgContextId (文字列tfdbgContextId)
静的DebugIdentityV2.Options
tfdbgRunId (文字列tfdbgRunId)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的DebugIdentityV2.Options circularBufferSize(ロングcircularBufferSize)

パブリック静的DebugIdentityV2 <T>を作成スコープスコープ、オペランド<T>の入力、オプション...オプション)

新しいDebugIdentityV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力入力テンソル、非参照型
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • DebugIdentityV2の新しいインスタンス

パブリック静的のDebugIdentityV2.OptionsのdebugUrls(一覧<文字列> debugUrls)

パラメーター
debugUrlsターゲットをデバッグするためのURLのリスト(例:file:/// foo / tfdbg_dump)。

パブリック静的DebugIdentityV2.Options OPNAME(文字列OPNAME)

パラメーター
opNameオプション。デバッグ操作が関係する操作の名前。シングルテンソルトレースにのみ使用されます。

公共の出力<T>出力()

パブリック静的DebugIdentityV2.Options outputSlot(ロングoutputSlot)

パラメーター
outputSlotオプション。デバッグ操作が関係するテンソルの出力スロットインデックス。シングルテンソルトレースにのみ使用されます。

パブリック静的DebugIdentityV2.Options tensorDebugMode(ロングtensorDebugMode)

パラメーター
tensorDebugMode TensorDebugMode列挙値。詳細については、debug_event.protoを参照してください。

パブリック静的DebugIdentityV2.Options tfdbgContextId(文字列tfdbgContextId)

パラメーター
tfdbgContextId opが属するコンテキストのtfdbg生成ID。たとえば、具体的なコンパイル済みtf.function。

パブリック静的DebugIdentityV2.Options tfdbgRunId(文字列tfdbgRunId)