警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

QuantizeAndDequantizeV4

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
公共finalクラスQuantizeAndDequantizeV4

次に、テンソルを量子化し、非量子化します。

これは、QuantizeAndDequantizeV2とほぼ同じですが、量子化範囲内の入力に対して1の勾配を返すか、それ以外の場合は0を返す点が異なります。

ネストされたクラス

クラスQuantizeAndDequantizeV4.Options以下のためのオプションの属性QuantizeAndDequantizeV4

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的QuantizeAndDequantizeV4.Options
(長軸)
静的<Tが数拡張> QuantizeAndDequantizeV4 <T>
作成スコープスコープ、オペランド<T>の入力を、オペランド<T> inputMin、オペランド<T> inputMax、オプション...オプション)
新しいQuantizeAndDequantizeV4操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的QuantizeAndDequantizeV4.Options
narrowRange (ブールnarrowRange)
静的QuantizeAndDequantizeV4.Options
numBits個(ロングnumBits個)
出力<T>
出力()
静的QuantizeAndDequantizeV4.Options
rangeGiven (ブールrangeGiven)
静的QuantizeAndDequantizeV4.Options
roundMode (文字列roundMode)
静的QuantizeAndDequantizeV4.Options
signedInput (ブールsignedInput)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的QuantizeAndDequantizeV4.Options(長軸)

パラメーター
指定した場合、この軸はチャネルまたはスライス軸として扱われ、この軸に沿ったチャネルまたはスライスごとに個別の量子化範囲が使用されます。

パブリック静的QuantizeAndDequantizeV4 <T>を作成スコープスコープ、オペランド<T>の入力を、オペランド<T> inputMin、オペランド<T> inputMax、オプション...オプション)

新しいQuantizeAndDequantizeV4操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力量子化してから非量子化するテンソル。
inputMin `range_given == True`の場合、これは表現する必要のある最小入力値を指定します。それ以外の場合は、` input`テンソルの最小値から決定されます。
inputMax `range_given == True`の場合、これは表現する必要のある最大入力値を指定します。それ以外の場合は、` input`テンソルの最大値から決定されます。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • QuantizeAndDequantizeV4の新しいインスタンス

パブリック静的QuantizeAndDequantizeV4.Options narrowRange(ブールnarrowRange)

パラメーター
狭い範囲Trueの場合、量子化された最小値の絶対値は、1大きいのではなく、量子化された最大値と同じになります。つまり、8ビット量子化の場合、最小値は-128ではなく-127です。

パブリック静的のQuantizeAndDequantizeV4.OptionsのnumBits個(ロングnumBits個)

パラメーター
numBits量子化のビット幅。

公共の出力<T>出力()

パブリック静的QuantizeAndDequantizeV4.Options rangeGiven(ブールrangeGiven)

パラメーター
rangeGiven範囲が指定されているかどうか、または「入力」テンソルから決定する必要があるかどうか。

パブリック静的QuantizeAndDequantizeV4.Options roundMode(文字列roundMode)

パラメーター
roundMode 'round_mode'属性は、float値を量子化された同等の値に丸めるときに使用される丸めタイブレークアルゴリズムを制御します。現在、次の丸めモードがサポートされています。
  • HALF_TO_EVEN:これはデフォルトのround_modeです。
  • HALF_UP:正に向かって丸めます。このモードでは、7.5は8に切り上げられ、-7.5は-7に切り上げられます。

パブリック静的QuantizeAndDequantizeV4.Options signedInput(ブールsignedInput)

パラメーター
シグニチャ入力量子化が符号付きか符号なしか。 (実際にはこのパラメータは`signed_output`と呼ばれている必要があります)