警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

RefEnter

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
パブリック最終クラスRefEnter

子フレームを作成または検索し、子フレームで「データ」を使用できるようにします。

一意の `frame_name`は、フレームを識別するために` Executor`によって使用されます。 `is_constant`がtrueの場合、` output`は子フレームの定数です。そうしないと、子フレームで変更される可能性があります。最大で `parallel_iterations`の反復は、子フレームで並列に実行されます。

ネストされたクラス

クラスRefEnter.Options以下のためのオプションの属性RefEnter

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<T> RefEnter <T>
作成スコープスコープ、オペランド<T>データ、文字列frameName、オプション...オプション)
新しいRefEnter操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的RefEnter.Options
isConstant (ブールisConstant)
出力<T>
出力()
`data`と同じテンソル。
静的RefEnter.Options
parallelIterations (ロングparallelIterations)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的RefEnter <T>を作成スコープスコープ、オペランド<T>データ、文字列frameName、オプション...オプション)

新しいRefEnter操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
データ子フレームで使用できるようにするテンソル。
frameName子フレームの名前。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • RefEnterの新しいインスタンス

パブリック静的RefEnter.Options isConstant(ブールisConstant)

パラメーター
isConstant trueの場合、出力は子フレーム内で一定です。

公共の出力<T>出力()

`data`と同じテンソル。

パブリック静的のRefEnter.OptionsのparallelIterations(ロングparallelIterations)

パラメーター
parallelIterations並行して実行できる反復回数。