警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

ScatterUpdate

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
パブリック最終クラスScatterUpdate

変数参照にスパース更新を適用します。

この操作を計算は、

# Scalar indices
     ref[indices, ...] = updates[...]
 
     # Vector indices (for each i)
     ref[indices[i], ...] = updates[i, ...]
 
     # High rank indices (for each i, ..., j)
     ref[indices[i, ..., j], ...] = updates[i, ..., j, ...]
 
更新後に、この操作出力`ref`が行われます。これにより、リセット値を使用する必要のある操作を連鎖させることが容易になります。

`インデックス`に重複するエントリがあるため、 `ref`の値を複数回更新する場合、各値の更新が行われる順序は定義されていません。

`updates.shape = indexs.shape + ref.shape [1:]`または `updates.shape = []`が必要です。

`tf.batch_scatter_update`および` tf.scatter_nd_update`も参照してください。

ネストされたクラス

クラスScatterUpdate.Options以下のためのオプションの属性ScatterUpdate

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<T、Uは数延び> ScatterUpdate <T>
作成スコープ範囲、オペランド<T> REF、オペランド<U>インデックス、オペランド<T>更新、オプション...オプション)
新しいScatterUpdate操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
outputRef ()
= `ref`と同じです。
静的ScatterUpdate.Options
useLocking (ブールuseLocking)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共の出力<T> asOutput()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック静的ScatterUpdate <T>を作成スコープ範囲、オペランド<T> REF、オペランド<U>インデックス、オペランド<T>更新、オプション...オプション)

新しいScatterUpdate操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ref `Variable`ノードからのものである必要があります。
インデックス`ref`の最初の次元へのインデックスのテンソル。
更新`ref`に格納する更新された値のテンソル。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ScatterUpdateの新しいインスタンス

公共の出力<T> outputRef()

= `ref`と同じです。更新後に更新された値を使用したい操作の便宜のために返されます。

パブリック静的のScatterUpdate.Options useLocking(ブールuseLocking)

パラメーター
useLocking Trueの場合、割り当てはロックによって保護されます。それ以外の場合、動作は定義されていませんが、競合が少なくなる可能性があります。