警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

VarHandleOp.Options

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
パブリック静的クラスVarHandleOp.Options

以下のためのオプションの属性VarHandleOp

パブリックメソッド

VarHandleOp.Options
allowedDevices (一覧<文字列> allowedDevices)
VarHandleOp.Options
コンテナ(文字列のコンテナ)
VarHandleOp.Options
sharedName (文字列sharedName)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

公共VarHandleOp.Options allowedDevices(一覧<文字列> allowedDevices)

パラメーター
allowedDevices非推奨。リソース変数を含む許可されたデバイス。出力ResourceHandleがレプリカ/パーティション化されたリソース変数を表す場合に設定されます。

公共VarHandleOp.Optionsのコンテナ(文字列のコンテナ)

パラメーター
容器この変数が配置されるコンテナ。

公共VarHandleOp.Options sharedName(文字列sharedName)

パラメーター
sharedNameこの変数が参照される名前。