12 月 7 日の Women in ML シンポジウムに参加する今すぐ登録する

さらなる最適化

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

事前に最適化されたモデルとポストトレーニングツールでは、取り扱っているケースに満足に対応できない場合、トレーニング時に使用できるほかのツールを試してみましょう。

トレーニング時用のツールは、トレーニングデータに対するモデルの損失関数に便乗し、モデルが最適化テクニックによってもたらされる変更に「適応」できるようにします。

トレーニング API の使用は、Keras トレーニングスクリプトを出発点とします。このスクリプトは、オプションとしてトレーニング済みの Keras モデルから初期化することで、さらなる微調整が可能となります。

次は、試すことのできるトレーニング時用のツールです。