このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: AdjustContrast

#include <image_ops.h>

1つまたは複数の画像のコントラストを調整します。

概要

imagesは少なくとも3次元のテンソルです。最後の3つの寸法は[height, width, channels]として解釈され[height, width, channels] 。その他の寸法は、 [batch, height, width, channels].などの画像のコレクションのみを表し[batch, height, width, channels].

コントラストは、各画像のチャネルごとに個別に調整されます。

各チャネルについて、Opはまずチャネル内の画像ピクセルの平均を計算し、次に各ピクセルの各コンポーネントを(x - mean) * contrast_factor + mean調整します。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 画像:調整する画像。少なくとも3次元。
  • コントラスト係数:コントラストを調整するための浮動小数点乗数。

戻り値:

  • Output :コントラスト調整された1つまたは複数の画像。

コンストラクタとデストラクタ

AdjustContrast (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input images, :: tensorflow::Input contrast_factor)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

AdjustContrast

 AdjustContrast(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input images,
  ::tensorflow::Input contrast_factor
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const