このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: バリア挿入多数

#include <data_flow_ops.h>

キーごとに、指定されたコンポーネントにそれぞれの値を割り当てます。

概要

バリアでキーが見つからない場合、この操作は新しい不完全な要素を作成します。バリアでキーが見つかり、要素にcomponent_indexの値がすでにある場合、この操作はINVALID_ARGUMENTで失敗し、バリアは未定義の状態のままになります。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • ハンドル:バリアへのハンドル。
  • keys:長さnのキーの1次元テンソル。
  • values:それぞれのキーに関連付けられている、値の任意の次元のテンソル。 0番目の次元の長さはnでなければなりません。
  • component_index:割り当てられているバリア要素のコンポーネント。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

BarrierInsertMany (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input handle, :: tensorflow::Input keys, :: tensorflow::Input values, int64 component_index)

公開属性

operation

公開機能

operator::tensorflow::Operation () const

公開属性

操作

Operation operation

公開機能

バリア挿入多数

 BarrierInsertMany(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input handle,
  ::tensorflow::Input keys,
  ::tensorflow::Input values,
  int64 component_index
)

operator :: tensorflow :: Operation

 operator::tensorflow::Operation() const