このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: BroadcastTo

#include <array_ops.h>

互換性のある形状の配列をブロードキャストします。

概要

ブロードキャストとは、算術演算に互換性のある形状を持つ配列を作成するプロセスです。 2つの形状は、各寸法のペアが等しいか、1つが1つの場合に互換性があります。 Tensorを形状にブロードキャストしようとすると、後続の次元から始まり、前方に進みます。

例えば、

>>> x = tf.constant([1, 2, 3])
>>> y = tf.broadcast_to(x, [3, 3])
>>> sess.run(y)
array([[1, 2, 3],
       [1, 2, 3],
       [1, 2, 3]], dtype=int32)

上記の例では、 [1, 3]形状の入力Tensorがブロードキャストされ、 [3, 3]形状の出力Tensorがブロードキャストされます。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • 入力:ブロードキャストするTensor
  • 形状:1-D int Tensor 。目的の出力の形状。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

BroadcastTo (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input shape)

公開属性

operation
output

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公開機能

BroadcastTo

 BroadcastTo(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input shape
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const