このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: Exp

#include <math_ops.h>

要素ごとにxの指数を計算します。

概要

\(y = e^x\)。

この関数は、入力テンソルのすべての要素の指数を計算します。つまり、 exp(x)またはe^(x) 。ここで、 xは入力テンソルです。 eはオイラー数を表し、約2.718281です。実際の入力に対して出力は正です。

  x = tf.constant(2.0)
  tf.math.exp(x) ==> 7.389056

  x = tf.constant([2.0, 8.0])
  tf.math.exp(x) ==> array([7.389056, 2980.958], dtype=float32)
  

複素数の場合、指数値は次のように計算されます。

  e^(x+iy) = e^x * e^iy = e^x * (cos y + i sin y)
  

例として複素数1 + 1jを考えてみましょう。 e ^ 1 *(cos 1 + i sin 1)= 2.7182818284590 *(0.54030230586 + 0.8414709848j)

  x = tf.constant(1 + 1j)
  tf.math.exp(x) ==> 1.4686939399158851+2.2873552871788423j
  

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

Exp (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x)

公開属性

operation
y

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

公開属性

操作

Operation operation

y

::tensorflow::Output y

公開機能

Exp

 Exp(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const